農園について
ホーム > 農園について > 農園について

農園紹介

ご挨拶

  • 夏秋いちごのヒロインになれる「真心」を私たちが大切に育ててあげることが、一番の目標です。

    長野県伊那市にある森本農園では、信州の自然の恵みいっぱいに活かして、夏秋いちご「真心」の栽培を行っております。
    栽培環境にこだわり、安心・安全で美味しいいちごを、採れたて新鮮なものをお届けしております。
    贈答品・ギフトとしての販売や、洋菓子店様・フルーツ専門店様への販売を承っており、ご好評いただいております。

    いちごの旬は冬から春にかけてが一般的ですが、森本農園では夏から秋にかけて収穫が可能な品種を取り扱っております。
    夏秋いちごは酸味が強いことが特徴ですが、この品種は甘さと酸味のバランスが良く、夏秋いちごの中でも糖度が高いことが特徴です。
    年間を通して美味しいいちごが楽しめる、という様々なご期待一つひとつ丁寧にお応えしております。 

    夏秋いちごのヒロイン「恋姫」

こだわり

  • 伊那高原の健康ないちご

    伊那高原の自然を活かして
    健康ないちごを栽培しています。

    森本農園は、夏秋いちごの栽培に適した標高の高い場所にあり、綺麗な水と空気に恵まれた環境です。
    そして、いちごの栽培に大切な太陽の光をたっぷりと浴びることのできる場所にあるため、うどんこ病などの発生が少なく、健康ないちごを栽培することができます。

  • 高設栽培システム

    高設栽培システム
    効率的な管理を行っています。

    農園の3棟のハウスすべてを高設栽培システムで栽培を行っております。
    苗に栄養や水分を効率よく供給できる方法で、立ち姿勢での作業ができるため、しっかりと管理が行き届きやすくなるなどのメリットもあり、より安定した品質を維持することができます。

  • 農薬の使用を最小限に

    安心・安全のため
    農薬の使用を最小限に。

    いちごの栽培には、栽培環境管理の他に害虫の被害への対策が必要です。
    害虫の対策には農薬を使う方法がありますが、お客様に安心して食べていただけるように、ハウス内に天敵となる虫を利用する対策をして、化学農薬を最小限に抑えた栽培を行うことで、より安心で安全ないちご作りを行っております。