夏秋いちご「恋姫」
ホーム > 夏秋いちご「真心」 > 夏秋いちご「真心」

夏秋いちご「真心」

  • 信州大学農学部が開発した夏秋いちご「信大BS8-9」

    信州伊那高原いちご「恋姫」

  • 高糖度(平均約10度以上)

    「真心」のいちご品種は信州大学農学部で2011年に品種登録された「信大BS8-9」です。サマープリンセス×女峰×女峰を掛け合わせて開発された、四季成り性の品種です。
    一般的な夏秋いちごは酸味が強い品種ですが、恋姫は夏秋いちごの中でも糖度が高く、甘いのが特徴です。

  • 果芯まで赤い

    「真心」は見た目にもしっかりと赤く色鮮やかで、断面を見ても赤く色づいています。国内全体の夏秋いちごの生産量が少ない中で、洋菓子店やフルーツ専門店など1年中いちごを取り扱うお店への需要に応えることのできる見た目の美しさが特徴の一つです。

  • 生食でも食べれる

    ふっくらと果肉がしっかりしている「真心」は、生食として美味しく食べれます。お客様の様々なご要望にお応えする最適なサイズを、厳選してお届けすることができます。
    ・Sサイズ(7~9g)/・Mサイズ(9~13g)/・Lサイズ(13~17g)/・2Lサイズ(17~23g)/・3Lサイズ(23~28g)/4L(28g~)
    ※時期によりサイズ・収穫量が異なります。お求めの際は事前にご確認ください。

  • 美味しい時期が長い

    「真心」は一年間収穫可能な「四季成り性」という品種のいちごで、実際には6月~12月にかけての期間で収穫が可能です。
    四季成り性のいちごの生育には気温や日照時間などの条件があり、信州のこの地は特に天候が良く、太陽の光をたっぷりと浴びることができるため、甘みの強い美味しいいちごが収穫できます。